エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在の位置: トップページ > 相模原駅のまちづくり > 土地利用の現況と課題


ここから本文です。

土地利用の現況と課題

土地利用現況

相模原駅周辺地区の土地利用現況は以下のとおりです。

  • JR相模原駅の西側や南西部は、工業系土地利用が多く、南側は、商業系土地利用が多い状況です。
  • 駅北側は、北西側に住宅地や学校がありますが、大部分が相模総合補給廠の敷地になっています。
  • 駅から南側に1キロメートル以上離れた位置に行政関連施設等が集積しています。

相模原駅周辺地区の土地利用現況
(出典:「神奈川県都市計画基礎調査」(平成22年)に一部加筆)

イメージ図:相模原駅周辺地区の土地利用現況(出典:「神奈川県都市計画基礎調査」(平成22年)に一部加筆)

土地利用の課題

  • 相模原駅北側に広がる相模総合補給廠の一部返還地は、平成26年9月に返還され、現在、国有地として国が管理しており、今後、具体的な土地利用の検討・調整を進めることが求められています。
  • 相模原駅周辺地区は、JR横浜線により南北に分断されており、駅南側に広がる既存商業地は、複数の商店街を中心として面的な広がりがある一方で、郊外の大型店の出店等による影響を受けており、まちづくりを推進する上での課題となっています。
  • 本市では昭和40年代からの人口急増期を中心に様々な公共施設が整備されたため、現在、老朽化が進行しており、近い将来、多くの施設が一斉に改修・更新の時期を迎えることになります。加えて、市役所周辺の公共施設群は、駅から離れて立地しているなど市民サービスの向上という視点で改善すべき課題を抱えています。
<