ここから本文です。

相模原・動画あらかると さがみはらに関するさまざまな動画を紹介しています。

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(2021年8月24日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023942  最終更新日 令和3年8月24日

印刷大きな文字で印刷

相模原市長の本村賢太郎です。

今般の首都圏における新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況に鑑み、8月31日までを期限として発出されていた神奈川県に対する「緊急事態宣言」が9月12日まで延長されました。

本市の感染者数は、7月下旬頃より10代から20代の若い世代を中心に急増し、8月に入ると1日当たり100人を大幅に超える日が続くなど、感染拡大は鎮(しず)まる兆(きざ)しが見えません。
また、家庭内感染により、小中学生や未就学児の感染者も増えるなど、本年1月の第3波とは明らかに違う様相(ようそう)を呈(てい)しています。

比較的軽い症状で自宅療養をされていた方でも症状が急変し、救急車で搬送される事案も増えており、患者が入院できる医療機関の病床もひっ迫しております。

まさに、今は、災害レベルと言える、誰も経験したことがない重大な危機を迎えています。

現在、全国的に著(いちじる)しい感染拡大を引き起こしているのは、感染力が強いデルタ株といわれる変異株で、神奈川県では、陽性者の8割以上の方がデルタ株に感染していると推定されています。

デルタ株は従来株に比べて、ウイルスの排出量が1,200倍に達すると言われ、増殖速度も速いことから、一人ひとりがより緊張感を持った対応が必要であると考えています。

このため、これまでにお願いしてきた、マスク着用などの基本的な感染防止策に加え、人の流れや人と人との接触機会の抑制を図るため、県を越えた移動、普段会わない人との飲食や集まりなどを控えていただくよう強くお願い申し上げます。

最後になりますが、新型コロナウイルス感染症に対し、市民の命と健康を守るために休む間もなく医療現場の最前線で対応をされている医療従事者の皆様を始め、感染拡大の防止に取り組まれている多くの市民の皆様、事業者の皆様に改めて、深く感謝を申し上げます。

また、感染された方の一日も早い回復をお祈りしますとともに、感染された方やご家族等の人権尊重・個人情報保護にもご理解とご配慮をお願いいたします。

このページについて、ご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?
質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

※このページに関するご質問やご意見は、「このページに関するお問い合わせ」の担当課までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

緊急対策課
住所:〒252-0239 中央区中央2-2-15 消防指令センター3階
電話:042-707-7044 ファクス:042-769-8326
緊急対策課へのメールでのお問い合わせ専用フォーム